新生児 便秘 解消

MENU

新生児は便秘を解消しやすい!

新生児は母乳やミルクしか飲まないため、便秘になりにくいと言われています。
水分しか摂っていないわけですから、普通は柔らかい便なんですね。

 

ですが新生児も便秘になることがあります。その理由としては、

 

・腸の働きが十分に発達していない
・ミルクが体に合わない
・母乳を充分に飲めていない
・お腹が冷えてしまった

 

など、新生児の体調、体質によるものや、

 

・母乳に糖分、油分が多量に含まれている

 

といった母乳によるものがあります。

 

ミルクはメーカーによって少しずつ成分に違いがあるようで、
メーカーを変えたら便秘が解消した、なんていう例もあるそうです。

 

また、母乳の場合はどれくらい飲めているのかがわかりにくいですが、
授乳の間隔が短かったり、便の量が減ってきた場合は
母乳がきちんと飲めていないのかもしれません。

 

母乳育児で注意しておきたいのが、油脂や糖を摂りすぎないこと。
これらは母乳にも影響し、新生児の体を冷やしやすくしてしまい、
便秘の原因になってしまうんです。

 

いずれにしても、原因さえ分かれば解消のための対処がしやすいので、
普段からの様子や便の量、頻度を把握しておくことが大切なんですね。

綿棒浣腸やマッサージをしてみよう

新生児の便秘がなかなか良くならない場合は、
薬に頼る前にいくつかの方法を試してみるのも手です。

 

まず、綿棒でお尻を刺激してあげる解消法です。

 

そのままでは肛門を傷つけてしまうことがあるので、
綿棒にはベビーオイルなどを染み込ませます。

 

そして綿棒の先端部分だけを肛門に入れ、軽く刺激してあげます。
このとき新生児の足がぶつかると危ないので、足を押さえながら行います。

 

次に、ベビーマッサージをしてあげるという解消法です。
お腹を「の」の字にゆっくりさすってあげたり、足を動かすことで腸を刺激します。
こちらもベビーオイルが活躍します。
赤ちゃんのお腹が露出するので、部屋を暖かくして行ってください。

 

お母さんと赤ちゃんのスキンシップにも最適ですので、楽しみながら行ってくださいね!

 

また、オムツかぶれなどでお尻に痛みがあると
いきみたがらなくなるので、便が出ずに便秘になりやすくなります。
ですから、いつもお尻を清潔に保つことも、便秘予防には大事なことなんですね。

 

赤ちゃん便秘解消法2選!

 

⇒ 【カイテキオリゴ】の詳細はこちら

 

カイテキオリゴで乳児の便秘解消ができる!?TOPへ戻る